大阪市西区新町と神戸六甲道のトータルビューティーサロン「ANDONA」がお送りするブログ

リンパトリートメント(リンパマッサージ)後に起こるかもしれない好転反応の症状と対処法について

リンパトリートメント(リンパマッサージ)とは筋肉に沿って流れるリンパ管にもアプローチをして、トリートメントを行いますが、体の状態によっては、トリートメントを行った後に、一時的に反応が出る場合がございます。
これを好転反応と言います。

  • 好転反応とは
  • 体がだるくなる
  • 筋肉がつる、筋肉痛になる、古傷の痛みがでる
  • 尿の増加、色や匂いの強い便や尿
  • 頭痛
  • 好転反応が出た場合の対処法

今回は、リンパトリートメントを受けられた後に起こるかもしれない好転反応と対処法についてご紹介します。

こちらの記事でも好転反応と揉み返しについてご紹介しております。
好転反応と揉み返しの違いについて

1.好転反応とは

好転反応とは、治療によって体の状態が改善される過程で、一時的に体に表れる反応の事です。
リンパトリートメントによって血液やリンパの流れが促され、体の状態が上向いていく際にも好転反応が出ることがあります。

なお、沈着して間もない毒素は早く排出され、体の深部にたまった古い毒素は後から出てきます。
そのため、ひどい肩こりやむくみなど身体の不調を感じられ、多くの毒素をためこんでいた方ほど好転反応が長く続きやすいです。

2.体がだるくなる

リンパマッサージ後は滞っていた血液の流れがスムーズになり、細胞に栄養が行き渡りやすくなります。
栄養が行き渡った神経細胞が正常に働きだす際は、体がだるくなることがあります。
翌日頃からだるさがやって来ることも多いです。

3.筋肉がつる、筋肉痛になる、古傷の痛みがでる

施術後に筋肉のコリや骨格の歪みが正常に戻ろうとする過程で、筋肉や関節に張りや痛みが表れる場合があります。
また、骨折やねんざをすると骨を守るために周りの筋肉が収縮します。
そのあと徐々にゆるんできますが、骨の周りだけコリが残ってしまうことがあります。
そのような骨の周りのコツが施術によってほぐれ、神経の働きが正常化する際に鈍痛が起こりやすくなります。

4.尿の増加、色や匂いの強い便や尿

全身のリンパや血液の循環が良くなることによって老廃物や毒素の排泄機能が高まり、尿や便の量や状態に変化が現れる事があります。

5.頭痛

特に首のコリが強い方の場合は、頭への血流が急激に良くなることによって頭痛が起こる場合があります。

他にも、・熱がでたり、蕁麻疹や吹き出物がでる場合がございます。
もともと低体温の方や体内にウイルスがいる方に現れやすいです。
施術によって自然治癒力が高まり、体がウイルスと戦おうとすることによって熱が出ると言われています。

6.好転反応が出た場合の対処法

好転反応が出た場合は以下の方法を試してみて下さい。
毒素や老廃物をスムーズに排出させる事が大切です。

  • 水分をたくさん摂る→毒素や老廃物をスムーズに排泄するために、常温の水やハーブティーを多く摂取しましょう
  • 頭痛がある場合は蒸しタオルを当てる→水で濡らした蒸しタオルをレンジで40秒ほど温め、タオルの熱が自然にさめるまでの間、後頭部にあてます。冷めたらまた蒸しタオルを作り、同じことを3回行ってください。

他にも日頃から浴槽にゆっくり浸かって頂くことや運動量を増やすことで体内の毒素が排出されやすくなります。
リンパトリートメント(リンパマッサージ)は体の疲れを取り、ストレス緩和にも優れております。
上手に取り入れて、老廃物をスムーズに排出して、健康な体つくりをめざしていきましょう!